ドメインとサーバーの紐付けとワードプレスSSl化

ドメイン サーバー 紐付け ワードプレス SSl化 エックスサーバー ドメイン

新規でも中古ドメインでも購入してから、どうやってブログを立ち上げるか忘れた方や、はじめて設定する方へドメインとサーバーの紐付け方法と、SSL化するための設定方法をまとめました。
サーバーはエックスサーバーを利用する前提で書いています。

ドメインとサーバーの紐付けはネームサーバー設定から

エックスサーバーでサイトを運営していく場合、購入したドメインを管理するドメイン事業者のサイトで、ネームサーバー設定をエックスサーバー指定のものに変更しないといけません。

ネームサーバーを下記のように5つ変更します。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

ドメインをエックスサーバーに紐付け

次に、エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、
右上のドメイン設定をクリック、

ドメイン設定追加のタブをクリック、

購入したドメインを記入し、追加します。

ドメインをエックスサーバーに紐付け



エックスサーバーでワードプレスブログを運営する


次に、ブログを運営していくため、ワードプレスをそのドメイン上にインストールする必要があります。
左のメニューから”WodPress簡単インストール”をクリックします。
そして”WodPressインストール”のタブをクリック、
ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを自分で決めて(後で変更できます)記入し、確認画面へ進むをクリックし、記入した内容で問題なければ、インストールするをクリックします。

エックスサーバーでワードプレスブログを運営する

XSERVERのSSL設定はhtaccess編集

インストール反映まで数十分かかることもありますので、しばらく待機します。
その間に、SSL化をします。
左のメニューから”.htaccess編集”をクリックします。
そして、”.htaccess編集”のタブをクリックして、

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

上記のコードをすでに記述されているコードの下に追記します。
すでに記述されているコードはいじらないように気をつけてください。
”確認画面に進む”をクリックし、”実行する”をクリックします。

XSERVERのSSL設定はhtaccess編集

それでは、左メニューの”WodPress簡単インストール”をクリックします。
インストール済みWodPress一覧として、先ほどインストールした情報が記載されています。
管理画面URLのURLをクリックします。

購入したドメインにインストールされたワードプレスの管理画面に飛びますので、自分で決めたユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。

WordPress https 設定でSSL化

左メニューの”設定”をクリックしさらに”一般設定”をクリックします。
そして、WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の欄の、http://~をhttps://~に変更し(“s”をつけたすだけ)、保存をクリック。
これで、SSL化はできました。

WordPress https 設定でSSL化


コメント

タイトルとURLをコピーしました